関西学院大学

大学情報

住所
〒662-8501 西宮市上ケ原一番町1-155
ホームページ
http://www.kwansei.ac.jp/

取り組み紹介

【構想の目的・育成するグローバル人材像】
 本構想は、スクールモットー「“Mastery for Service”(奉仕のための練達)」を体現する「世界市民」の育成を教育目的としてきた本学の取り組みを、さらに拡大・発展させるものである。
 本学では、これまで「国際性」「学際性」「実践性」という3つの特色ある教育を行ってきた。この教育の特色から、「確立した個人」を基礎として、「国際的知識・技能」「専門的知識・技能」「マネジメント知識・技能」の3つの知識・技能を備えた人材、本学が考える「実践型グローバル人材」像を導き出した。
【構想の概要】
 本学では「実践型グローバル人材育成システム」を構築する。Certificateの授与を行う3つのコース(登録制)によって、「グローバルリーダー」50名、「グローバルエキスパート」150名、「グローバルシティズン」500名の計700名を育成する。
 この構想のために、新たな教育カリキュラムの構築や教員配置、留学を支援する体制の強化、自習・協働学習スペースの拡充、コース修了者へのキャリアサポート、外国語力や海外経験を評価する入試制度の構築、教員のグローバル教育力の向上、などの支援体制をとる。
 また、本構想において、「グローバル人材育成関西地区大学連携ネットワーク」を創設し、本学のこれまでの国際化の実績と本構想による取組を、学外、特に西日本の大学のフロントランナーとして波及させていくことを目指す。
【その他の取り組み】
■ 事業名 
日加大学協働・世界市民リーダーズ育成プログラム『クロス・カルチュラル・カレッジ』
(平成23年度大学の世界展開力強化事業タイプB採択事業)
■ 目的
 典型的な多文化社会であるカナダの3大学、マウント・アリソン大学、トロント大学、クイーンズ大学と本学が連携し、異文化理解やコミュニケーション力を持ち、多文化を共生させながら、グローバル社会の持続的な発展と日本の成長に寄与する専門的実践力とリーダーシップを持った世界市民を育成する。
■ 概要
 参加大学が協働で開発・運営するCertificateプログラムを中核に、併せて本学学生を対象に国際ビジネス、国際協力・行政、国際学・地域研究の3コースからなる副専攻プログラムを設置。日加両国でのインターンシップやグループ研究を中心とした合同セミナーを参加者全員に必修科目と位置づけ、両国の社会ニーズを反映した実践的教育を通して、優れた問題発見・解決能力と、異なる文化の壁を乗り越え、多国籍な場所で活躍できる国際的コミュニケーション能力を兼ね備えた人材を育成する。