ニュース&トピックス

GO GLOBAL JAPAN 成果報告会とはなに?

“GO GLOBAL JAPAN”(経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援)とは?

文部科学省が行っている大学を対象とした補助事業です。
経済社会の発展に資することを目的に、グローバルな舞台に積極的に挑戦し世界に飛躍きる人材の育成を図るため、学生のグローバル対応力を徹底的に強化し推進する組織的な教育体制整備の支援を行うことを目的としています。

この事業には、日本全国から42の大学が採択されています。

タイプA:全学推進型(大学全体において取り組むもの)
北海道大学、東北大学、千葉大学、お茶の水女子大学、国際教養大学、国際基督教大学、中央大学、早稲田大学、同志社大学、関西学院大学、立命館アジア太平洋大学
タイプB:特色型(一部の学部・研究科等において取り組むもの)
筑波大学、埼玉大学、東京医科歯科大学、東京海洋大学、東京工業大学、一橋大学、新潟大学、福井大学、神戸大学、鳥取大学、山口大学、九州大学、長崎大学、愛知県立大学、 山口県立大学、北九州市立大学、共愛学園前橋国際大学、神田外語大学、亜細亜大学、杏林大学、芝浦工業大学、上智大学、昭和女子大学、創価大学、東洋大学、法政大学、武蔵野美術大学、明治大学、愛知大学、京都産業大学、立命館大学

本事業により、各大学では英語教育の充実、留学プログラムの開発など、様々な取り組みを進めています。それぞれの大学の取組概要については、以下、日本学術振興会のHPよ りご覧いただけます。

日本学術振興会 スーパーグローバル等事業 経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援
構想概要:http://www.jsps.go.jp/j-gjinzai/h24_kekka_saitaku.html

開催概要・会場

フライヤーフライヤーはこちら

第1部 13:00-13:50

開会あいさつ

講演 「グローバル人材として求められる能力 そして 高等教育への期待(仮)」

ゲスト:ANAホールディングス株式会社 片野坂 真哉 代表取締役社長

第2部 14:00-16:30

セミナーセッション

代表大学がこれまでの取り組みを5つのテーマから紹介します。

  1. 大学のグローバル化に向けた戦略と教育課程の国際通用性の向上
  2. グローバル人材として求められる能力を育成するための大学の特色に応じた取組
  3. 教員のグローバル教育力の向上の取組
  4. 日本人学生の留学を促進するための環境整備
  5. 語学力を向上させるための入学時から卒業時までの一体的な取組

ポスターセッション

採択42大学がポスターを通して、これまでの取り組みを紹介します。

第3部 16:45-17:45

パネルディスカッション

「グローバルな舞台で活躍するために“大切なこと”」
パックンマックンと採択校を卒業した社会人代表が、“学生時代の経験がいまどのように活かされているか” etc..メッセージをおくります。

ゲスト:パックンマックン

閉会あいさつ

イベント詳細

日 時 2017年12月10日(日)13:00-17:45
会 場 明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン(東京都千代田区駿河台1-1)
対 象 高校生・保護者、高校教育関係者、大学生・大学教育関係者、企業関係者、その他一般
主 催 文部科学省・「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」採択大学 42校(一覧はこちら

参加大学